Author Archives: Admin

昨夜は、なかなか寝付かれず、
時計は、午前2時をまわっていた。

読書にはまる日と全然読めない日とがある。
頭の中が他のことでいっぱいで、
全然、文字が入ってこない。
手持ちの本の興味深さにもよるが。

ストーリの中に入り込み、
そのまま眠りに落ちる・・・
その瞬間がスキ。

ううぅ〜筋肉痛が(笑)

昨年BSで放送されたときは、全然知らず、
韓国ドラマ好きの友達からまわってきたビデオで
初めて見たのが昨年の秋。

すっかりはまりました。
今、NHKにて再放送中、
いよいよココロに深く刺さるシーンの連続です。

世間では、ヨン様騒ぎのようですが、
私は、初めて見たときから、一途なキム・サンヨクのことが気になってますね。
多分私の性格的なものでしょう。
2度も愛する人を奪われるなんて・・・
ぼろぼろにならなければ、もっとステキだったかも。

初恋、友情、家族・・絡み合ってます。

雨になる予定が、ぱらついただけ
今日も暑い1日、地区の運動会も終わりました。

大阪からダンナの両親が法事の為、
朝、こちらに出てこられたので、私は、遅れて運動会へ。
二女の徒競走には間に合わず、1等賞を見逃してしまいました。
私も二つの競技に出場、転ばずになんとか終えました(笑)

早朝から遠征に出ていた長女もくたびれて帰宅。
ダンナは反省会で飲んだ後、
また別のメンバーと飲みに出かけました。
夜は、娘たちと3人、のんびりしよ。

わすれられないおくりもの
わすれられないおくりもの
スーザン・バーレイ 小川 仁央
水彩とペンで描かれるイラストが暖かい、スーザン・バーレイのデビュー作。
イギリスでは最もなじみの深い動物のひとつであるアナグマを主人公にした本書は「身近な人を失った悲しみを、どう乗り越えていくのか」ということをテーマにした絵本。

娘が幼稚園の頃、選んだ絵本です。
今は、もう読んであげることはなくなったけど、
こっそりと時々開いてみます。
悲しみを乗り越えた後に、ココロに温かい風が流れてきます。
そういう生き方をしたいものです。

キスまでの距離
キスまでの距離
村山 由佳
10年も連載している村山由佳の人気シリーズ
『おいしいコーヒーのいれ方』
発刊が遅い上に、永遠に終わりそうにないじれったい恋愛、
こんな恋をしていた頃が、妙に懐かしい今日この頃。
写真は第2巻『キスまでの距離』ひとつひとつにサブタイトルあり。

1、2巻を1年くらい前に読み、今回3〜7巻を一気読み。
5月に8巻もでたそうな・・
珈琲片手にPCか読書か、
現実の鬱陶しさから逃避するための時間、
主人公の愛し方にとても惹かれるんだな。

久しぶりに
家にいられる休日に晴れ、
ダンナは出勤だから
家事のはかどる日。
朝から洗濯機を何回まわしただろう。
通常の洗濯物は
前夜のうちに済んでいるから、
今朝は、毛布に冬物の衣類、
トイレのマットなどなどフル回転。
それにしても容量がとても小さい
我が家の洗濯機
結婚時に購入してからもう15年。
こういうものに限って長持ち(笑)

さて、スポ少の時間だな。
暑いけど頑張ろう。