Category Archives: Books

おしえて!!FLASH MX 2004
おしえて!!FLASH MX 2004

一度挫折したのですが、再度チャレンジしてます。
ガイド本も初心者向きに変えました。
会社にあった本は、私には、難しかった〜
この本は、可愛いイラストで会話式に書かれており、二女もはまってます。
毎日『お母さん、FLASHやろう!』と誘ってきます。
自分で絵を描いて、パラパラアニメなどを、もうひとりで作ってます。
二女に先に進まれないよう母頑張ります

簡単にFLASHが作れるアイフォーの『FLASH MAKER』か
操作は複雑だけど奥が深いマクロメディアの『FLASH MX』か
まだまだどっちつかずの私です

Photoshop10分間ロゴデザイン—すべて10分で完成!
Photoshop10分間ロゴデザイン—すべて10分で完成!

サイトのロゴ作成にとっても便利な1冊です。
お試しに図書館で借りて、使いやすいので、購入しました。
会社にも持っていって、使ってます。
付属のCD-ROMもまた便利!
とってもお勧めの1冊です。

いま、会いにゆきます
いま、会いにゆきます

半年くらい前、市立図書館にネット予約したこの本、
忘れた頃に私のもとに回ってきました。

『好きな人を思うとき、
 必ずその思いには、別離の予感が寄り添っている。
 もし、そうだとしても・・・

 書かれているのは、ただ「愛している」ということ。
 思いきり涙を流してください』

と、帯のコトバ。
最近、韓国ドラマでも泣けない私、果たしてこの本で泣けるのか。

夫よ、あなたがいちばんストレスです!
夫よ、あなたがいちばんストレスです!

そんなミセスたちの声を集めて、その理由を分析。「夫ストレス」にどう対処すればいいのか、心理学を交えて解き明かす「家庭内ストレス」解消の手引き。

今日、友達が貸してくれました。
もう読み終えました。
私の為に買ってくれたの・・?ありがとう
と、思える内容でした。

面白かったのは、タイプ別に分けてある対処法。
いくつかの質問に答えて、ダンナと自分のタイプを分類します。
うちの場合、ダンナが『ほんぽう息子型』になり、
私が『従順な娘型』になりました。
とてもあっているので笑えました。

対処法を実践できるかどうかは、別として、
皆、ストレスを抱えているんだなぁ〜と、納得できたのが何よりです

東京タワー
話題の作品。
映画館には、なかなか行けないので、本を読んでみました。
『恋はするものじゃなく、おちるものだ』とか。
江國 香織さんの本は、初めて。
軽くて読みやすい内容だけど、
私的には、ありえないなぁ・・20歳の男の子なんて(笑)

Read More →

天使の卵—エンジェルス・エッグ  天使の梯子

『天使の卵』は、ずいぶん前に読んだんだけど、
『天使の梯子』を読む前に、もう一度読み直しました。
続編ということだったので。

Read More →

ため息の時間
家にいられる貴重な休日。
朝からカーテンを外し、どんどんお洗濯。
普段やらないところまで、掃除機をかける。
いらないものを処分する。
でも、なかなか片付かないもの…

今日はこの辺にして、もう読書タイムにしよっ。
日頃、ため息ばかりの私、こんな本を見つけました。
内容もいいし、短篇集で読みやすいの。



市立図書館のネット予約、
これってとっても便利でよく利用するツールなの。
金曜日に、7冊(私の4冊、二女の3冊)予約入れたところ、
昨日には『ご用意できました』とメールが。

長女は今日も試合で留守のため、二女と二人で出かけてきました。
その後、本を抱えて公園へ。
やっと過ごしやすくなった屋外でランチして、読書タイム。
二女は、思い切り体を使って、遊びまわりました。

本日お勧め、ココロにキタ1冊。
著者の枡野浩一(歌人)さんは、前から気になる人物。
うまくいえないけど、妙にそのコトバに納得させられてばかり。
辛い気持ちが共感できると安心できることってあるかもしれない。

(画像クリックで、商品説明見れます)

わすれられないおくりもの
わすれられないおくりもの
スーザン・バーレイ 小川 仁央
水彩とペンで描かれるイラストが暖かい、スーザン・バーレイのデビュー作。
イギリスでは最もなじみの深い動物のひとつであるアナグマを主人公にした本書は「身近な人を失った悲しみを、どう乗り越えていくのか」ということをテーマにした絵本。

娘が幼稚園の頃、選んだ絵本です。
今は、もう読んであげることはなくなったけど、
こっそりと時々開いてみます。
悲しみを乗り越えた後に、ココロに温かい風が流れてきます。
そういう生き方をしたいものです。

キスまでの距離
キスまでの距離
村山 由佳
10年も連載している村山由佳の人気シリーズ
『おいしいコーヒーのいれ方』
発刊が遅い上に、永遠に終わりそうにないじれったい恋愛、
こんな恋をしていた頃が、妙に懐かしい今日この頃。
写真は第2巻『キスまでの距離』ひとつひとつにサブタイトルあり。

1、2巻を1年くらい前に読み、今回3〜7巻を一気読み。
5月に8巻もでたそうな・・
珈琲片手にPCか読書か、
現実の鬱陶しさから逃避するための時間、
主人公の愛し方にとても惹かれるんだな。