わすれられないおくりもの
わすれられないおくりもの
スーザン・バーレイ 小川 仁央
水彩とペンで描かれるイラストが暖かい、スーザン・バーレイのデビュー作。
イギリスでは最もなじみの深い動物のひとつであるアナグマを主人公にした本書は「身近な人を失った悲しみを、どう乗り越えていくのか」ということをテーマにした絵本。

娘が幼稚園の頃、選んだ絵本です。
今は、もう読んであげることはなくなったけど、
こっそりと時々開いてみます。
悲しみを乗り越えた後に、ココロに温かい風が流れてきます。
そういう生き方をしたいものです。

||||| 0 I Like It! |||||

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation