土曜日の長女に引き続き、
昨日の日曜日、二女の試合がありました。

まずは、団体戦が行われました。


しかし・・
登録メンバー8人うち、なんと3人がインフルエンザで棄権。
主要メンバーを欠いた我がチーム、
最近卓球始めた子二人が急遽試合に出場、
結果は、1回戦敗退でした。
仕方ないよね??3年生の二女がエースじゃ。

続いて個人戦。
県内の大会に出場すれば、
必ず第1シードにエントリーされる長女と違い、
二女は、まだまだ実力が認められてない選手。
3回戦で、シード選手(5年生カットマン)に対戦予定、
ここを突破すれば、ランク入りも目指せる位置だ。

順調に勝ち進み、いよいよ3回戦。
私もダンナも実は『今日は、ここまでだなぁ』と思ってました。
案の定、1セット目を落として、戻ってきた二女に、
『カットボールを思い切り攻撃しろ』とアドバイス、
2セット目に送り出しました。
なんと攻撃が決まりだし、相手もミスを連発!
2セット目を取って戻ってきました。
『この調子だ!思い切り』と最終セットへ。
最終セットも二女のペースで進み、
カウントは10??5、あと1点で二女の勝利です。

ところが・・・
ここから悪夢が・・
あと1点とあせる気持ちが裏目にでて、
1点1点と追いつかれてきました。
10??8まできたとき、二女のスマッシュが炸裂!
決まった!と思ったとき、
奇跡的に相手出したラケットにボールがあたり、
二女のコートギリギリのラインに戻ってきてしまい、
二女は、そのボールを返すことができませんでした。
そして、さらにデュースに持ち込まれ、
またまたあせって二女は、サーブミス。
これが致命的になり、10??12で大逆転負け。
その後、大泣きしたことは、言うまでもありません・・

誰もが勝ったと思った試合でした。
でも、経験不足がもたらした大逆転劇・・
相手の選手は、こんなちびっ子に負けたりしたら
監督に怒られて、大変だったことでしょう。
残念だったけど、よい経験ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です