ついに、この日が来てしまった。
でも、こうして元気で迎えられて、
ほんとは、喜ぶべき日なのかもしれないな。

お昼に帰宅して、真っ先にケーキを焼きました。
焼きたてのあつあつを実家に。
父も母もいなかったけど、
『○十年間ありがとう』とメモをつけて置いてきました。

誕生日って、自分が祝ってもらうことばかり考えて、
ごちそうやケーキを食べたり、
プレゼントをもらったりするのが当たり前だと思ってた。
でも、数年前の誕生日、ある友人に、こう言われた。
『誕生日は、自分を生んでくれた両親に感謝する日なんだよ』って。
その人は、早くに両親を亡くしていた。
今は、つきあいもないけれど、どうしているかな、
もし、これを読んでくれていたらいいな。