家族の目覚めに合わせ、熱い珈琲をいれ、クロワッサンを温める。
ウィンナーを焼き、最近美味しくなってきたトマトをスライス。

いつも同じような朝、バタバタと1人ずつ出かけてゆく。
最後に残る私は、家の中を一通り片付け、掃除機をかけてから出勤。

最近は、朝出かけることにも慣れてきて、
お布団を干したり、シーツを洗ったり。
これも3時間の勤務だからできること。
望んでいた職、希望していた勤務時間、
感謝して過ごさないといけないことが、こんなにも多いのに。
不満ばかりがココロに溜まる。

目線を少し変えてみようか、
明日の自分のために。